24時間風呂勝手にランキング~私はこれがよかった!~

24時間風呂の価格

製品価格の相場って?

「24時間風呂」について調べていて、
主婦の私がまず最初に目を向けたのはやはり「価格」です。
家計を預かる者として、ここが一番外せない肝心なところですものね。

そしてやっぱりと言うべきでしょうか…いいお値段が付いていました。
「24時間風呂」の製品価格の相場としては、だいたい20万円~50万円くらいでしょうか。
屋外設置タイプの製品では40万円前後、
屋内設置タイプの製品では30万円前後が主流のようです。

取り付け工事費は別途になっていて、こちらは2万~3万円が相場となっています。
「24時間風呂」にかかる費用としては他に、
メンテナンス代、フィルターやろ過材などの消耗品代などがかかります。

また、温泉効果をより楽しむためには専用の入浴剤もあります。
通常の入浴剤だと浄化されてしまう(!)ため、入浴剤の効果が薄れてしまうので、
(クラスタサイズの小さい)専用の入浴剤が必要なのですね。

>うちのおすすめ入浴剤をこちらでちょっとだけ紹介しました♪
 

年間の電気代って…どのくらい?

「24時間風呂」は電気製品です。

確かに毎日のお湯かえや追い炊き等がない分、水道代やガス代の節約にはなりますが、
24時間稼働しっぱなしで電気代がすごくかかってしまうのでは…。

そうなったら、せっかく節約グッズだと思って導入したのに、あまり意味がなくなってしまいますよね。
確かにガス・水道代は減りますが、電気代はどうしてもUPしてしまうようです。
特にお湯が冷めやすい冬場などは高くついてしまいます。

しかし年間にかかる電気代として考えてみると、
「24時間風呂」にかかる電気代は1日約200円程度でクリアしてしまうんです!
水をお湯に沸かすのには大きなエネルギーが必要だけど、一定温度を維持するだけなら、
それほどエネルギーを必要としないからなんですね。

だから季節ごとの変動はあっても、
年間で考えると水道光熱費的としてはコストダウンを期待できる
のです。
始めはちょっとドキッとしましたが、これならば節約グッズと言ってもOKですよね。
 

さらに省エネ、もっと節約術!

私としては、これでも十分節約になるな、と思っていたのですが、
「24時間風呂」のメーカーさんではさらなる省エネ・節約を目指して開発を行っているようです。
例えば深夜電力を利用するように設計された製品などもあります。

1日の中で一番電気の消費量が少ない深夜。
その時作られる電力は使われることなくそのほとんどが廃棄されているような状態なのです。
そこで、その無駄をなくそうと電力会社さんが深夜電力も使ってもらうために、
日中の電気代よりも安く提供しているのです。

その点にメーカーが注目し、深夜電力を利用することによって
さらに電気料金のコストダウンできる製品を開発したのです。
ですがこちら、今のところ屋外設置タイプの製品のみで、
屋内の製品には実用化されていないようす…。

この他にも浴槽内の温度に合わせて電源のONとOFFをおこなうことで
節電をするタイプなどもありますので、
商品を選ぶときに一つのポイントにしておくと、さらなる節約につながります。
 

 
ページの先頭へ